pc用画像picture要素 モバイル用画像picture要素

さまざまな問題をO-リングで紐解く

目次

さまざまな問題をO-リングで紐解く 新橋デンタルクリニック

さまざまな問題をO-リングで紐解く

生活習慣、環境のチェックをしながらさまざまな問題をO—リングテストで発見

今、歯科では噛み合わせ、顎関節症およびそれに付随する身体諸症状、金属アレルギー、電磁波過敏症、化学物質過敏症、等々さまざまな問題をO-リングで紐解くことができます。
金属アレルギーだからといって、すぐに大量の金属をはずすことも危険ですし、諸問題の源流を探っていけば、金属はそのままでも回復が望めるときもあります。

電磁波過敏症との関連

ただし、異種金属が多い場合はそうはいきません。
問題の本質が顎関節に端を発している場合は、金属から対処すると、問題が大きくなります。
電磁波障害も歯根に詰められている金属の土台の方向によっても、症状が違ってきます。

生活習慣とO-リングテスト

また、いつも片方ばかりで食事をしていないか、睡眠時の姿勢はどうか、ベッドの向き、テレビやパソコンの向きがどの方向か、痛いほうで携帯を使っていないか、など0-リングでは「生活習慣」「環境のチェック」を重視しています。

O-リングテストには注意が必要

今、あまりにも世間一般に0-リングという言葉が広まってしまい、当医学会と全く関係のない方々が、単に指が開く、閉まるという現象だけで、ことのよし悪しを決めるような危険な診療も行われているようです。